沖縄海底遺跡

みんな元気ですか

前回の続き

ボクはまだ物語のなか。

きょうはボクの地球テラの旅立ちのおはなしの

仲間と一緒に沖縄に来てる。

ボクは今ラヒーリオと一緒。

ここは石垣島

人の気配があまりない。

太平洋を望む小高い丘の上に二人で座っている。

朝の太陽が静かな海に反射してキラキラと光っている。

すぐ近くの崖の下の海ではイルカの群れが楽しそうに泳いでいる。

まるで僕たちに挨拶するように。

僕たちが沖縄に来た理由。

それは沖縄にはまだやまと大陸のあの時の

記憶のかけらが残っているから。

沖縄には伝説があります。

遥か昔、大海原の彼方二ライカナイから沖縄に神が降り立った。

神の名はアマミキヨ

古来より、沖縄では太陽の昇る東方のことをあがりと呼び

そこは理想郷二ライカナイのある聖なる方角と考えられていました。

その太陽が昇る方角を東方あがりかたまたは

東四間切あがりゆまじりと呼び神聖な方角とされ

太陽神信仰と密接な関係を持っています。

久高島を特別な祈りの場所と定め、昔は琉球国王

麦の穂が出る旧暦2月には久高島へ行幸していました。

今でも久高島は聖なる地としてその神秘性を保っています。

この習慣。

けがれのない祈りの場所を持つこと。

聖地へ行幸すること。

これはやまと大陸文明の習慣そのものでした。

そして東の方角、今は太平洋の真ん中、

これはやまと大陸のあった方角。

沖縄ではこの行幸、巡礼が東御廻りあがりうまいと呼ばれ

いつしか島の伝統となりました。

東をあがりと呼び特別視するのは、その方角が

特別な祖先が来た方角だから。

もうひとつ沖縄には御嶽うたきと呼ばれる礼拝所が

あちこちにあります。

人はそこで祈りをささげます。

その御嶽の特別に大きなもの、そして城のようなものを

城ぐすくと呼びます。

大きなぐすくの石垣は非常に緻密な構造を持っています。

その緻密な石垣はあのマチュピチュの石垣とほぼ同じ

技術で作られています。

ラヒーリオは南の方角を示しながら静かにボクに言った。

ちょうどこの方角の向こうに見える島、黒島の沖には

いまだに海の底に当時のやまと大陸の痕跡が眠っている。

その遺跡がもうすぐ発見される時がくるよ。

そしてその時が地球の人類に大きな変化が起きる時。

それにこの黒島はハートの形をしているんだ

ボクはやまと大陸の人がパターンに

こだわっていたのを思い出した。

それに僕には彼のその言葉の意味する事が分かった。

ラヒーリオがそのことを知っている理由は

彼の祖先と関係があること。

そしてこの場所を彼がもう何度か訪れていたかもしれない事。

もしかするとその遺跡を彼がもう見たかもしれない事も。

ボクは彼の次の言葉を待った。

あそこを見に行こうかと彼は言った。

続きはまたね

もしかして海に潜るの。ボ、ボク泳げないのに()ヘミシ

広告を非表示にする