ESSEセッションのご感想意識と体の気付き

ChiaraLuceの原田光津子です。

8月から開始しているESSE構造的エンボディメントのエナジー的合成セッション。

先日のセッションのご感想をいただきましたので、シェアさせていただきます

先日はESSEのセッションありがとうございました。

アクセスバーズのボディーセッション?を受けるのは初めてででも案内にあった

体にメスを入れた部分には、何かしらのトラウマ、ドラマ、そして思考や感情感覚が残っていることがあります。

そういったところにもESSEはとても大きな助けになるでしょう。という所に惹かれセッションを受ける事にしました

何せ帝王切開3回、腰椎ヘルニアの手術1回と計4回も体にメスを入れていたので

ESSEはソフト整体のようでからだを伸ばしたりタッチしたり静けさの中のバーズはとても心地よくて触ってもらっている所はまさにそこがこってたんです的な所で、とても気持ちよく途中寝落ちしてました(笑)

終了後原田さんに

触って欲しいところはあなたのボディーが教えてくれてるのよ。子宮のメスが入ったところは意外なほどもう回復して癒されてるよーそれよりも横隔膜あたりのスペースを伸ばして広げて腰椎の間隔をもっととって〜って言ってるよーって

まさに整形でMRIをとって腰椎間が狭すぎる。って治療経過観察中

本当にビックリ

セッション後は体がとっても楽で、常にある腰痛も軽減している感じが

本当に気持ちのいいセッションでした

本当にありがとうございました

MTさま

ESSEセッションの受付中です。

あなたもぜひご体験ください。