ウェディグドレスフレンチスリーブダッチェスサテン

花嫁のみなさまへ

ブランシュネージュ代官山の松藤ゆきよです。

きっと花嫁の皆様は、夏休みを楽しみにされていらっしゃると思います。

夏休みをとらずにお仕度をするので、オーダーのご依頼をしてくれている花嫁さま、安心してくださいね。

今日も、ドレス屋のおばさんは、せっせと花嫁さんのお仕度をしています。

おばさんのところの、コンセプトに惹かれたとおっしゃって、訪ねてくれたお嬢様。

夏休みに故郷に戻られて挙式をされます。

ブラネブランシュネージュは、グローバルなお店でいろんな国の方がいらっしゃいます。

トライリンガル、マルチリンガルのお嬢様たち。

ほんとうに、モノリンガルの私は羨ましいです。

レンタルではなくから、私の手から離れてお嬢様のところへ。

記念にパチリ。パチリ。

ほんとうは、お召しになっている写真を載せたいところなのですが

サイズがトルソーとあってないけど、フレンチスリーブのAラインのマリエ。

最近はミカドシルクが多いのだけど、ダッチェスサテン厚地のシルクサテンもおすすめ。

ダッチェスサテンは、ダッチェスは公爵夫人を意味します。それほど、高級なシルクサテン。

ポリエステルサテンより、全然くらべものにならないくらいお高い素材なのです。

ブラネのご自慢のソルティスェール。私が自慢すると信憑性がない???

では、証拠写真スウェーデンのカールフィリップ王子とご結婚したソフィア妃とお嬢様のェール。同じでしょ!

写真を撮るのが、雑すぎて反省。実際はこれよりも全然素敵なドレスなのです。

くるみ釦に大きな長いリボン。バックスタイルはダブルタックをいれています。

ループくるみのこだわり。いつも言っているけど、くるみ釦は幸せを包むということです。

別注しているので、規定のサイズよりも長めのソルティスェール。350センチあります。

ェールをかけると、バックスタイルが華やかになります。

小物は、私の手作り。ちょっとした、こだわり。

ドレスとお揃いのシルクサテンでポーチ。

お揃いのレースで、リングクッション。ビージングしたレースボンネ。

同じレースのモチーフをつけたグローブ。

クロス刺繍のハンカチ。

新品のパニエ、インナー、ストッキングもついています。

喜んで頂けて、わたしもうれしいな!

赤いドレスは、わたしから花嫁さんへ特別プレゼント。

中国で縁起のいい赤いドレス。おめでたいときの厄除けのお色目。ラッキーカラー。

結婚式が終わって、お友達とお茶会に行かれるときにお召しになると素敵かも。

ブラネの花嫁さんは、ご自宅から教会に行くときも、ホテルに行くときも、挙式が終わってお茶会や2次会に行くときも、別にドレスをご用意していらっしゃいます。

いつもは、ルトルホワイトドレスだけど、赤いドレスも新鮮です。

晴れの日は、生涯一日だけですから。

私が輸入しているニューヨークのDESSYのドレス。

お手軽価格で、カラーバリエーションもあって素敵なデザインが多いのです。

こちらのドレスは、アルフレッドサンのもの。

機内持ち込み用のバックにつめて、ご自宅にお届け。せっかく、アイロンをかけたのに、トホホです。中国でのケアは頼んでいるし、トリセツも書いたし、ブライズメイドのお友達も着付の仕方をお勉強に来てくれたので大丈夫!何度も確認をして、お嬢様のもとへ。

中国にいらっしゃるお母様。ちゃんとお嬢様のお仕度をしたので、あとはお願いします。

大事なお嬢様のウェディングドレス、送り出しました。キリッ

まだまだ、梱包作業は続きます。

挙式が終了後のドレスは、早めにクリーニングにだして、検品をしてからお戻ししています。

シルクって、夏は涼しく、冬は暖かい。おまけに、コットンの15倍の吸湿性と放湿性があるから、汗をかいてもサラサラ。

だけど、クリーニングが難しいからウェディングドレス専門のところじゃないとダメです。

ブラネのクリーニング代

パニエ2000円。ドレス12000円。消費税別。送料込

お仕度したり、接客したり、荷造りしたり、ブログも書いてみたり、いろんなことを一気にやっています。

ドレス屋のおばさんは、めちゃめちゃ仕事がこなしています。笑

明日も、偽チャペルで挙式をしたくないお嬢様たちのために、メチャメチャイケメン牧師先生とミーティングをしてきますね。

乞う、ご期待しててくださいね。

ブランシュネージュ代官山松藤ゆきよ